FC2ブログ

補綴(ほてつ)、詰め物etc

歯のお勉強
08 /30 2019
みなさま、こんにちは。元歯科衛生士のニコです。このブログの順位を確認する

今日は雨模様でどんより・・風もきついですね。週末もお天気が崩れそうな予感です。

さて、今回お話しするのは『補綴・詰め物』のお話です。第一弾はこちら

前回も書いているのですが、歯科受診する際、まず初めに口の中を検査します。
そこで・・・、みなさまは自分の口の中にどんな修復物が入っているかご存知でしょうか?

これ、意外と知らないんですよね。ちなみにニコの相方は何にも知りません。
めちゃくちゃ歯の治療跡が多いのですが、何にも知りません(悲しすぎる!)本人に関心がないのと、歯科医院で詳しく説明がないのも原因の一つ。

なので、相方が歯科治療を受けた後、かならず『今日はどんな治療をしたの?』と聞くようにしています。

で、どのような返答が来るかというと、『あ~。なんか、光当ててた~。』とか、『削って、止血して、型とってたで。』みたいな感じです。

その都度ニコは『レジン充填してもらったの?』『クラウンの型取り?』『コアざらついてない?ベロ痛くない?』とか、うるさく追及しております。(うざ目

じゃないと、治療後の歯がざらついてベロにあたって潰瘍寸前になっていたり、C3(神経まで進んでいる虫歯)の治療を無麻酔で行われたりしているので怖いんですよね。何にも言わない患者は『ザ・優良患者』です。歯医者にとって(偏見)

虫歯は沢山つくってくるし、、治療が痛くても何にも言わない。歯科医師に質問しない、無抵抗。
次のアポイントまで2週間3週間かかろうと文句言わない。ザ・優良患者。(嫌味)

なので、知識を付け、どんな治療が行われているのか把握することは大切だと思っています。知らないって怖くないですか?

先生によっては、『webなどで偏った知識をつけてくる患者が増えてきてやりにくい。』とおっしゃる方もいます。
間違っているサイトもあるのかも知れませんが、そこは自分で精査するしか無いんですよね。。〇〇が危険!みたいなサイトは、閲覧数を増やすために過度なタイトルを付けているだけかもしれませんし。。

実際に大学病院の先生がおっしゃっていたのは『アマルガム』が危険と思い込んでいる人がいて困る。。という事。
水銀と他の金属との合金の総称・・ですが、歯科治療ではよく使用されていた充填物です。
ちなみに、ニコも昔、奥歯にアマルガムが充填されていて、現在はレジン(樹脂)になっています。

まぁ、アマルガムは腐食するので、レジンの方が良いかと思いますが。。危険ではないんでしょうね。
ニコも当時、水銀が入っているから良くない!と思っていました。


さて、そんなわけで、長々話しましたが、さっそく本題に・・

IMG_E1472 (1)_LI
クリックで大きくなります

ちなみに、ニコの上顎です。

補綴物とは、かぶせもの(クラウンやブリッジ、入れ歯、インプラント、マウスピース?など)だそう。
レジン(樹脂)は詰め物で、インレー(金属の詰め物)は修復物・・だと思います。

かぶせの種類も色々あって、すべてが金属で作られているものから、セラミックで作られているもの、裏側が金属、表がセラミックでできているもの、硬質レジンでできているもの・・など様々です。

詳しくは公益社団法人日本補綴歯科学会のサイトへ


一度、ご自身の歯をご覧になって、どのような治療跡か調べてみてくださいね^^

ちなみに、ニコが使用しているミラーはこちら。
↓↓

Oral Dentistry ホームケアミラー デンタルケアミラー 歯鏡 LEDライト付 防曇ミラー 家庭用 歯科医鏡 歯科口腔鏡 オーラルミラー 二つ (グリーン イエロー ライトブルー ブルー)

新品価格
¥1,148から
(2019/8/30 13:59時点)



電池式なので、ライトが弱くなってきたら、LR44のボタン電池で交換可能。
また、このミラーについても詳しく書いてみたいと思います♪

では、本日も読んでいただきありがとうございました。
ぽちっとお願いします☆
↓↓

歯科衛生士ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ニコ

初めまして、ニコと申します。元歯科衛生士です。
現在治療中なので、経過を淡々と綴っていきます。

抜歯やコンポジットレジン治療、咬合調整、インレー、ウォーキングブリーチ、ホワイトニング、ガムピーリング、マウスピースなどなど、いろんな治療を受けています。
よろしくお願いいたします。